メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政府の児童虐待緊急対策

福祉司1.6倍 2000人増

 東京都目黒区で船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5歳)が虐待され死亡した事件を受け、政府は20日の関係閣僚会議で児童虐待防止の緊急総合対策を決定した。児童相談所(児相)で相談や保護者らの指導を担う児童福祉司を2022年度までに約2000人増員することを柱とした、虐待防止体制の新プランを年末までに策定する。

 児童福祉司は17年度の1・6倍に当たる約5200人に拡大する。児童福祉司に助言するスーパーバイザー…

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文676文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 自民・岸田氏「補正予算案 1兆円超す規模」 台風19号

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 菅原経産相の金品配布疑惑 選挙区の有権者複数が「メロンもらった」と証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです