メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民党総裁選

首相会見「改憲争点」 出馬表明、来月下旬以降

 安倍晋三首相は20日夜、首相官邸で記者会見し、9月の自民党総裁選に関し、「憲法改正は結党以来の党是で長年の悲願だ。候補者が誰になるにせよ、次の総裁選では大きな争点となる」と述べ、改憲を争点にすべきだとの考えを示した。(5面に要旨)

 そのうえで「自民党としての憲法改正案を速やかに国会に提出できるよう、とりまとめを加速すべきだと考えている」と語った。

 米国が自動車対象の輸入制限を検討していることについては、日本の自動車メーカーが米国で生産している状況を説明。「貿易制限措置が課された場合、雇用が失われるなど米国経済に悪影響を及ぼす。世界経済にもダメージを与える」と強調。導入回避に向け、米国を説得する考えを示した。

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文645文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  3. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  4. 医療法人元理事を再逮捕へ 3億円超横領の疑い 別法人に送金か 警視庁

  5. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです