メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第7部 あいおいニッセイ同和損保/5 自動運転で進化?絶滅?

群馬大と実証実験で走らせた自動運転バス=群馬県富岡市で2018年3月30日、松本尚也撮影

 3月下旬、世界文化遺産・富岡製糸場(群馬県富岡市)近くの県道を、バスがゆっくりと走っていた。運転手はハンドルから手を離しているが、バスは交差点をスムーズに左折する。だが、数メートル先を走る自転車がふらついた瞬間、運転手は慌ててハンドルを握りしめた。

 群馬大とあいおいニッセイ同和損害保険が実証実験で走らせていた観光地向けの自動運転バスだ。コンピューターの操作が、緊急時は運転手に切り替わる。自転車とはぶつからず、乗客が異変を感じることもなかった。

 しかし、車内にいた商品企画部の三樹孝博(49)は考え込んでいた。「もしぶつかっていたら、過失はどこ…

この記事は有料記事です。

残り880文字(全文1154文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球ドラフト指名漏れ 近江高・林投手、西濃へ 「3年後、必ずプロに」 /岐阜

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  4. 津波来たらトラも逃げて 高知の動物園、高さ3メートル以上に避難棚設置

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです