メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第7部 あいおいニッセイ同和損保/5 自動運転で進化?絶滅?

群馬大と実証実験で走らせた自動運転バス=群馬県富岡市で2018年3月30日、松本尚也撮影

 3月下旬、世界文化遺産・富岡製糸場(群馬県富岡市)近くの県道を、バスがゆっくりと走っていた。運転手はハンドルから手を離しているが、バスは交差点をスムーズに左折する。だが、数メートル先を走る自転車がふらついた瞬間、運転手は慌ててハンドルを握りしめた。

 群馬大とあいおいニッセイ同和損害保険が実証実験で走らせていた観光地向けの自動運転バスだ。コンピューターの操作が、緊急時は運転手に切り替わる。自転車とはぶつからず、乗客が異変を感じることもなかった。

 しかし、車内にいた商品企画部の三樹孝博(49)は考え込んでいた。「もしぶつかっていたら、過失はどこ…

この記事は有料記事です。

残り880文字(全文1154文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです