連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

地震でもLINEなぜつながる? 通信データ小分け 回線混みにくく=回答・加藤美穂子

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪北部地震の後、JR大阪駅近くでスマートフォンを使う人たち=大阪市北区で2018年6月18日、山崎一輝撮影
大阪北部地震の後、JR大阪駅近くでスマートフォンを使う人たち=大阪市北区で2018年6月18日、山崎一輝撮影

 なるほドリ 大阪北部地震が起きた後、大阪で携帯電話の音声通話がつながりにくくなったそうだね。でも、スマートフォンの通信アプリでは文字のやりとりができたよ。

 記者 スマホをはじめとする携帯電話と基地局(きちきょく)を電波でつなぐ方法には音声通話とパケット通信の2種類があります。音声通話が増えると回線が混雑し、大規模な通信障害(つうしんしょうがい)に至る恐れがあるため、大阪北部地震の後も携帯電話会社がつながる割合を制限しました。無料通信アプリ「LINE(ライン)」やツイッターはパケット通信を使っています。

この記事は有料記事です。

残り516文字(全文770文字)

あわせて読みたい

注目の特集