メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経団連

夏季フォーラム 行動宣言採択 「デジタル技術を活用」

夏季フォーラムを終え、記者会見する中西宏明会長(右)と議長を務めた日本生命保険の岡本国衛相談役=長野県軽井沢町で2018年7月20日、横山三加子撮影

 経団連の夏季フォーラムは20日、デジタル技術を活用した社会課題の解決に取り組む行動宣言を採択して閉幕した。中西宏明氏が会長となり初めてのフォーラムとして、今回は行動宣言が注目された。中西会長は記者会見で「時代の変わり目であり、その変化を捉えた行動をとろうという意味だ」と述べ、重厚長大型産業に偏重しているとの批判もある経団連だが、デジタル社会に積極的に対応していく考えを強調した。

 デジタル技術を活用して社会課題を解決する考えは「ソサエティー5・0」と呼ばれ、安倍政権が成長戦略に掲げ、経団連も最重要課題として取り組んでいる。日立製作所のコンピューター技術者出身の中西会長は、デジタル技術で日本経済が世界をリードすべきだとの考えを明らかにしており、参加者も「行動しないとしょうがない時期だ」(三菱商事の小林健会長)など、中西体制を支持する声が目立った。

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文662文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. アフリカン・ライフ リアル北斗の拳? 鉄道略奪・ケーブル盗の素顔 後編

  4. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  5. ORICON NEWS 嵐、大みそか生配信ライブの詳細発表 FC会員に紙チケット発行、見逃し配信なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです