メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

太平洋クロマグロ

漁獲量減 小型、2年連続の超過を回避

 水産庁は20日、すしネタや刺し身として人気の高い太平洋クロマグロの2017年1月から18年6月末まで(前漁期)の漁獲実績を発表した。日本全体の漁獲量は小型魚(30キロ未満)が3405トンとなり、その前の漁期の4341トンを下回り、前漁期の国別漁獲枠(3424トン)に対して99・5%となった。日本は昨年4月、小型魚で国別漁獲枠を超過したが、2年連続の超過を何とか回避した。

 前漁期の大型魚(30キロ以上)は4940トンで、その前の漁期の4368トンを上回ったが、漁獲枠(5132トン)に対して96・2%にとどまった。

この記事は有料記事です。

残り561文字(全文820文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです