トランプ米大統領

「中国、EUなど為替操作」 ツイッター投稿、通貨・金融政策を批判

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ブエノスアイレス清水憲司】トランプ米大統領は20日、「中国と欧州連合(EU)、その他の国々は為替を操作している」とツイッターに投稿した。19日には米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ方針と最近のドル高にも不満を表明。貿易赤字削減に向けた通商交渉の成果が上がらない中、「ドル高是正」に向け自国を含む各国の金融・通貨政策に批判の目を向けた形だ。

 トランプ氏はツイッターで「米国が利上げし、日に日にドル高になる中、(中国やEUなどは)通貨を操作し、金利を低くしている」と述べた。前日の米CNBCテレビ番組では、FRBのパウエル議長が進める利上げ方針について「必ずしも賛同しない」「経済が上昇すると、FRBはいつも利上げする」と不満をあらわにした。

この記事は有料記事です。

残り566文字(全文889文字)

あわせて読みたい

注目の特集