メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文化審答申

人間国宝、新たに3人 江戸小紋は3代連続で

 文化審議会は20日、重要無形文化財保持者(人間国宝)に江戸小紋の小宮康正さん(62)=東京都葛飾区=と能囃子(はやし)方大鼓の柿原崇志さん(77)=東京都練馬区、沈金の山岸一男さん(64)=石川県輪島市=の3人を認定するよう林芳正文部科学相に答申した。

 小宮さんは祖父と父も江戸小紋の人間国宝で、同じ分野の3代連続認定は初めて。政府は秋にも答申通り告示する。

 江戸小紋は型染めの一種。祖父の故康助さん(本名定吉)、父の故康孝さんから受け継いだ染色技法の錬磨に努め、芸術性の高い作品を生み出している。

この記事は有料記事です。

残り817文字(全文1067文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

  5. ウーバーイーツ、広島上陸 中国初、国内11カ所目 50カ国語に対応 /広島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです