連載

Topics

芸術、文化、芸能などカルチャー周辺のトピックスを紹介します。

連載一覧

Topics

創作ノートや日記 辻邦生『背教者ユリアヌス』展 壮大な歴史ドラマへの扉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
『背教者ユリアヌス』で第14回毎日芸術賞を受賞し、贈呈式に出席した辻邦生(右から2人目)=1973年1月
『背教者ユリアヌス』で第14回毎日芸術賞を受賞し、贈呈式に出席した辻邦生(右から2人目)=1973年1月

 濃密で精緻な物語世界を通じて人間精神の気高さを描き続けた作家、辻邦生(つじくにお)(1925~99年)。その代表作にして、誌上発表から半世紀近くを経てなお、読者に「小説を読む至福」を与えずにはおかない壮大な歴史ロマン『背教者ユリアヌス』の特別展が、学習院大(東京都豊島区)の史料館で8月11日まで開催されている。

 古代ローマ末期、キリスト教国教化の陰で消え去ろうとしていた古典ギリシャの普遍的理念の復興を試みる哲人皇帝ユリアヌス(331/332~363年)。歴史の流れに抗して貫かれたその信念と悲劇的な生涯を澄明な叙事詩的文体で描き上げた『背教者ユリアヌス』は、明治以降、自己存在の肯定と否定の間で揺れる「私小説」的伝統を引き継いだ日本文学の中にあって、今なお特異な地位を占めている。

この記事は有料記事です。

残り946文字(全文1289文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集