特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 豊島将之八段-稲葉陽八段 第1局の7

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

厚みの勝利

 豊島は前期のプレーオフに敗れたあとも各棋戦で勝ちまくり、羽生善治棋聖と菅井竜也王位への連続挑戦を決めた。棋聖戦五番勝負は17日、豊島が勝って3勝2敗となり新棋聖誕生となった。昨年、菅井王位や中村太地王座が誕生している。豊島も5度目の挑戦で結果が欲しかったはずだ。

 図から[先]4七玉が決め手といっていい。玉を中段に構えることにより、玉が自ら厚みの構築に加わり、後手からの反撃の芽をつんでいる。大駒落ちで上手が用いる常とう手段と同じである。

 その後の稲葉の指し手は玉砕覚悟の最後の突撃になる。[後]8二玉で[後]5六歩は、[先]4三歩成[後]同金[先]同桂成[後]同飛[先]5四角の王手飛車があって不可。また、その後の[先]4三歩成に[後]同歩は[先]3三歩成[後]同金[先]4二角が痛打になる。

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文767文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集