メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

御嶽海、初賜杯へ王手 豊山、朝乃山残った

豪栄道(左)を送り出しで破った御嶽海=ドルフィンズアリーナで2018年7月20日、大西岳彦撮影

 1敗の関脇・御嶽海が大関・豪栄道を送り出しで破り、初優勝に王手をかけた。豪栄道は4敗目を喫し、2回目の優勝の可能性がなくなった。豊山は3敗同士だった栃煌山に押し出しで勝った。朝乃山も妙義龍を寄り切って3敗を守った。14日目で御嶽海が栃煌山に勝てば優勝。敗れても、豊山と朝乃山がともに黒星ならば優勝が決まる。平幕の千代の国は左肘内側側副靱帯(じんたい)損傷のため休場した。

この記事は有料記事です。

残り1740文字(全文1926文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 首相「50年までに温室効果ガス排出実質ゼロ」表明へ 国際圧力高まり対策強化

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  5. NHK、総務省提案の受信料義務化に慎重姿勢 「支払いは視聴者理解のもと」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです