メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

御嶽海、初賜杯へ王手 豊山、朝乃山残った

豪栄道(左)を送り出しで破った御嶽海=ドルフィンズアリーナで2018年7月20日、大西岳彦撮影

13日目(20日・ドルフィンズアリーナ)

 1敗の関脇・御嶽海が大関・豪栄道を送り出しで破り、初優勝に王手をかけた。豪栄道は4敗目を喫し、2回目の優勝の可能性がなくなった。豊山は3敗同士だった栃煌山に押し出しで勝った。朝乃山も妙義龍を寄り切って3敗を守った。14日目で御嶽海が栃煌山に勝てば優勝。敗れても、豊山と朝乃山がともに黒星ならば優勝が決まる。平幕の千代の国は左肘内側側副靱帯(じんたい)損傷のため休場した。

この記事は有料記事です。

残り1720文字(全文1926文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです