メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

「たいしたことない」過信禁物 熱中症、子ども守れ 学校にエアコンを

熱中症対策のため、教室のテレビを使って行われた終業式=名古屋市西区の市立なごや小学校で2018年7月20日午前8時53分、大西岳彦撮影

 <access>

 異常な暑さが続く中、熱中症による児童・生徒の搬送が相次いでいる。夏休み中もプールや部活で登校する機会は少なくない。安全なはずの学校でなぜ事故が起きるのか。大人は何ができるだろうか。【中村かさね】

 「教員たちは正常性バイアスが働いていることを自覚すべきだ」と教育ジャーナリストのおおたとしまさ氏は指摘する。

 正常性バイアスとは、異常事態が起きても「たいしたことではない」と過小評価して平静を保とうとする心の…

この記事は有料記事です。

残り1181文字(全文1393文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 「武器を爆買いするなら年金に回せ!」 老後2000万円問題で抗議集会
  3. ボール蹴り非常口灯壊す動画をインスタ投稿 少年4人を事情聴取 兵庫県警
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです