メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

橋本忍さん 100歳=脚本家

橋本忍さん=2008年撮影

 黒沢明監督の映画などの脚本家として知られた橋本忍(はしもと・しのぶ)さんが19日、肺炎のため死去した。100歳。葬儀は近親者のみで営む。喪主は長女で脚本家の綾(あや)さん。

 兵庫県生まれ。脚本家を志し、伊丹万作監督に師事した。1950年、芥川龍之介の「藪の中」を脚色したシナリオを黒沢監督が「羅生門」として映画化。同作はベネチア国際映画祭最高賞の金獅子賞を受賞した。その後も、「生きる」「七人の侍」などを共同執筆し、黒沢映画の全盛期を支えた。

 73年には野村芳太郎監督らと6人で「橋本プロ」を設立。自身の脚本で野村監督の「砂の器」、森谷司郎監督の「八甲田山」などを製作した。

この記事は有料記事です。

残り848文字(全文1136文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元TOKIO山口達也容疑者を現行犯逮捕 酒気帯びでバイク運転の疑い

  2. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  3. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

  4. 阪神が接戦制し2連勝 糸井の適時打で追いつき勝ち越し

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです