メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エジプト

大王の石棺? 中から3体のミイラ 兵士か

 【カイロ篠田航一】エジプト北部アレクサンドリアで今月、アパート建設現場から巨大な石棺が見つかり、古代マケドニアのアレクサンドロス大王の遺体が納められている可能性が指摘された。地元メディアによると、同国考古省が調査した結果、中に入っていたのは約2000年前の3体のミイラで、家族らしいことが判明した。ロイター通信は「希望は打ち砕かれた」と報じた。矢が刺さったとみられる跡が骨に残っており、兵士との見方…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文500文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. 特集ワイド 走れ銚電 コロナ撃退、自虐パワー

  4. 東京の感染者、新たに34人 19日ぶり30人以上 新型コロナ

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです