メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島・原釜尾浜

8年ぶりの海開き 県北部で初

8年ぶりに海開きした原釜尾浜海水浴場ではしゃぐ子どもたち=福島県相馬市で2018年7月21日、喜屋武真之介撮影

 東日本大震災の津波で大規模な被害を受けた福島県相馬市の原釜尾浜(はらがまおばま)海水浴場が21日、8年ぶりに海開きした。同県内の海水浴場は震災後、県南部のいわき市で3カ所再開されたが、県北部では初めて。震災以前は多くの観光客を集めた海の町に、歓声が戻ってきた。

 同海水浴場は震災前年の2010年、約5…

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文376文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 行政ファイル 金沢の飲食店で食中毒 /石川

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. なるか埼玉の新名物 蕨市の「わらび餅」 完成まで2年、こだわりの新食感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです