メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カジノ法成立

施設の具体像示さず 政府、準備作業本格化

カジノを含む「IR」開業までの流れ

 カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案が20日の参院本会議で成立したのを受け、政府は2020年代前半のIR開業を視野に準備作業を本格化させる。日本初の「民設民営」賭博で、20年の東京五輪後の景気低迷回避を狙う。「日本を観光先進国に引き上げる原動力」(菅義偉官房長官)と意義を強調するが、施設の具体像は国会審議では示されなかった。

 政府は当面、政令や省令、新設の行政機関「カジノ管理委員会」の規則の策定に取り組む。計331にのぼる…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文600文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  3. 官房長官記者会見 申し入れ文書撤回求める緊急声明
  4. 漫画で解説 どうしてかむの?の巻
  5. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです