メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カジノ法成立

施設の具体像示さず 政府、準備作業本格化

カジノを含む「IR」開業までの流れ

 カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案が20日の参院本会議で成立したのを受け、政府は2020年代前半のIR開業を視野に準備作業を本格化させる。日本初の「民設民営」賭博で、20年の東京五輪後の景気低迷回避を狙う。「日本を観光先進国に引き上げる原動力」(菅義偉官房長官)と意義を強調するが、施設の具体像は国会審議では示されなかった。

 政府は当面、政令や省令、新設の行政機関「カジノ管理委員会」の規則の策定に取り組む。計331にのぼる…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文600文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  2. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです