メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アルゼンチン

通貨安、ビジネス止まる 21日G20開幕

急激なインフレと金利上昇で来店客がほとんどいない中古車販売店=ブエノスアイレスで2018年7月、清水憲司撮影

 【ブエノスアイレス清水憲司】通貨危機に陥ったアルゼンチンの苦境が深まっている。インフレ率が25%を超える状況が続き、労働者の所得は実質的に大きく減少。50%超の金利では借金もできず、消費が大きく減退した。国際通貨基金(IMF)が支援に乗り出したが、不況入りは必至だ。21日に当地で開幕する主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では、米金利の上昇などに伴う新興国の通貨安についても議題になる見込みだ。

 「来店客は8割減。こんなことは一度もなかった」。首都ブエノスアイレスの高級中古車販売店で働くデービ…

この記事は有料記事です。

残り824文字(全文1081文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソフトバンク解約1万~2万件 通信障害で
  2. ソフトバンク株 「史上最大の新規上場」も期待外れ
  3. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 寝屋川中1殺害 「遺体の声」どう判断 求刑は死刑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです