奈良・藤原京跡

唐三彩の陶器片見つかる 「枕」の一部か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
藤原京跡で見つかった唐三彩の陶器破片=奈良県橿原市教委提供
藤原京跡で見つかった唐三彩の陶器破片=奈良県橿原市教委提供

 奈良県橿原市教委は20日、同市四条町の藤原京跡から唐三彩を施した藤原宮期(694~710年)の陶器の破片が見つかったと発表した。中国・唐代の陶器で、破片は陶器の「枕(ちん)」の一部とみられる。専門家は「遣唐使が日本に持ち帰ったものの可能性がある」と指摘する。

 唐三彩は7世紀の古墳の副葬品や、奈良時代の遺構で見つかっている。藤原京跡での出土は2例目で、枕は初めて。

 三彩片は縦2.6センチ、横4.3センチ、厚さ0.5センチで、表面に白、緑、茶色の3色の釉(ゆう)がまだら状に施されている。市教委は昨年、市道拡幅工事に伴う調査で右京五条七坊で三彩片を見つけた。藤原宮期の西六坊大路や溝などを確認。瓦や須恵器も一緒に出土したが、明確な建物跡は見つかっていない。

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文603文字)

あわせて読みたい

注目の特集