メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京急

駅名が「北斗の拳」仕様に 「かぁまたたたたーっ」

「北斗の拳」仕様に特別装飾した駅名看板=京浜急行電鉄提供(C)武論尊・原哲夫/NSP

 京浜急行電鉄は、30日から京急蒲田駅を「京急かぁまたたたたーっ駅」とするなど、一部駅の駅名看板を人気漫画「北斗の拳」仕様にする。同社創立120周年と北斗の拳誕生35周年を記念したコラボレーション企画の一環。9月17日まで。

     「京急かぁまたたたたーっ」は、主人公ケンシロウが相手を倒す際の叫び声から命名。このほか、主要な登場人物である「ラオウ」にちなみ、上大岡駅を「上ラオウ岡駅」(かみらおうおか)、県立大学駅を「北斗の拳立大学駅」(ほくとのけんりつだいがく)に変更する。駅名看板には名称にちなんだイラストも添えた。乗客が間違わないよう、正式駅名をカッコ書きで記している。

     このほか、ラッピング車両の運行やスタンプラリーも実施。記念乗車券「北斗の券」や3駅の看板のキーホルダーも販売する。京急百貨店では8月に、敵が倒れる際の叫び声にちなんだ「ひでぶまん」(旨辛肉まん)、「あべし揚げ」(鶏の唐揚げ)などのオリジナルメニューを提供する。

     北斗の拳は原作・武論尊、漫画・原哲夫。1983~88年に「週刊少年ジャンプ」に連載された。暴力が支配する核戦争後の世界を舞台に、ケンシロウが救世主として成長する姿を描いた作品で、テレビアニメなどにもなった人気漫画。【増田博樹/統合デジタル取材センター】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 名古屋大 甘い物食べるなら日中に ラットで明らかに
    2. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった
    3. 不明 2歳児無事発見 ボランティア、山中で保護 山口
    4. 女性遺体 新潟市内の20代女性か 知人男性所在不明に
    5. 買春容疑 津市課長を逮捕 制服姿でホテルで発覚

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです