メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

てるみ社長

詐欺「常習性明白」 東京地裁、懲役6年判決

 経営破綻した格安旅行会社「てるみくらぶ」(東京都渋谷区)=破産手続き中=を巡る融資金詐取事件で、詐欺罪や破産法違反などに問われた同社社長、山田千賀子被告(68)に対し、東京地裁は20日午前、懲役6年(求刑・懲役8年)の実刑判決を言い渡した。詐欺事件で共謀したとされる元経理責任者、笹井利幸被告(37)の論告公判も同地裁で午後に開かれ、検察側は懲役3年を求刑した。

 山田被告の判決で、河本雅也裁判長は詐欺事件について「犯行の計画性や常習性は明白で、手口も巧妙。被害…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文607文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 住宅ローン減税、現行の10年から13年に 3年延長検討 消費増税対策で
  2. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  3. ふるさと納税 高額返礼品廃止で急減「ふり回された」
  4. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  5. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです