安保法制訴訟

証人申請を却下 東京地裁

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 集団的自衛権の行使容認などを柱とした安全保障関連法の違憲性が争われている集団訴訟を巡り、東京地裁(前沢達朗裁判長)は20日の第8回口頭弁論で、原告側が申請していた専門家8人の証人尋問を実施しないことを決めた。8人は元内閣法制局長官の宮崎礼壹氏や軍事評論家の前田哲男氏ら。

 原告側は、安保法制定で戦争やテロに巻き…

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文375文字)

あわせて読みたい

注目の特集