メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安保法制訴訟

証人申請を却下 東京地裁

 集団的自衛権の行使容認などを柱とした安全保障関連法の違憲性が争われている集団訴訟を巡り、東京地裁(前沢達朗裁判長)は20日の第8回口頭弁論で、原告側が申請していた専門家8人の証人尋問を実施しないことを決めた。8人は元内閣法制局長官の宮崎礼壹氏や軍事評論家の前田哲男氏ら。

 原告側は、安保法制定で戦争やテロに巻き…

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文375文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内の新型コロナ感染者、新たに189人確認 最多更新

  2. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  3. 緊急事態 愛知、京都などの追加 菅長官「現時点で評価に至らず」

  4. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  5. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです