メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カジノ法成立

それどころでは…被災地では嘆きの声

厳しい暑さが続く中、作業を続けるボランティア=広島市安芸区矢野東で2018年7月15日午後1時27分、大西岳彦撮影

 カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法が成立した20日、大阪や和歌山など誘致を目指す自治体は歓迎を表明する一方、治安の悪化やギャンブル依存者の増加を懸念する市民からは批判が相次いだ。「正直それどころではない」。猛暑の中で捜索や片付けが続く西日本豪雨の被災地では「政治は一体、どこを向いているのか」と嘆きの声が聞かれた。

 「広島の被災は遠い話なのか……」。この日も厳しい日差しが照りつけた西日本豪雨の被災地。土石流で住民…

この記事は有料記事です。

残り751文字(全文962文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. ユネスコ無形文化遺産で初の抹消 ベルギーのカーニバル「山車に人種差別的表現」

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  5. 職員2700人、給与額流出 ほぼ全員分、住所や学歴情報も 青森・弘前市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです