メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カジノ法成立

それどころでは…被災地では嘆きの声

厳しい暑さが続く中、作業を続けるボランティア=広島市安芸区矢野東で2018年7月15日午後1時27分、大西岳彦撮影

 カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法が成立した20日、大阪や和歌山など誘致を目指す自治体は歓迎を表明する一方、治安の悪化やギャンブル依存者の増加を懸念する市民からは批判が相次いだ。「正直それどころではない」。猛暑の中で捜索や片付けが続く西日本豪雨の被災地では「政治は一体、どこを向いているのか」と嘆きの声が聞かれた。

 「広島の被災は遠い話なのか……」。この日も厳しい日差しが照りつけた西日本豪雨の被災地。土石流で住民が死亡した広島市安芸区矢野東7でクリーニング店を営む湊宏子さん(75)には、法案を必死に通そうとする政治家の姿がそう映った。豪雨で自宅兼店舗は浸水、店は営業を再開したが避難所生活が続く。「パチンコはするがカジノは動く金額が違う」。実施法には反対だが、今は生活を取り戻すのに必死だ。

この記事は有料記事です。

残り611文字(全文962文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 東京都で新たに100人以上感染 5月2日以来の3ケタ

  3. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  4. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  5. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです