京大学長

立て看板「ゼロにして京大文化考える機会に」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 京都大の山極寿一学長は20日の記者懇談会で、吉田キャンパス(京都市左京区)周囲の立て看板規制について「京都市から違反と言われたら改善の措置を取らないといけない」と述べた。

 山極学長は「『タテカン』は京大の文化となっていたし、看板がなくなると寂しい気がしないでもない」としたうえで「ゼロにして、いった…

この記事は有料記事です。

残り132文字(全文282文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集