橋本忍さん死去

黒沢全盛期支える 「七人の侍」脚本

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
橋本忍さんが手がけた主な作品
橋本忍さんが手がけた主な作品

黒沢明監督の映画などの脚本家として知られた橋本忍(はしもと・しのぶ)さんが19日、肺炎のため死去した。100歳。葬儀は近親者のみで営む。喪主は長女で脚本家の綾(あや)さん。

兵庫県生まれ。脚本家を志し伊丹万作監督に師事した。1950年、芥川龍之介の「藪の中」を脚色したシナリオを黒沢監督が「羅生門」として映画化。同作はベネチア国際映画祭最高賞の金獅子賞を受賞した。その後も「生きる」「七人の侍」などを共同執筆し、黒沢映画の全盛期を支えた。

 73年には野村芳太郎監督らと6人で「橋本プロ」を設立。自身の脚本で野村監督の「砂の器」、森谷司郎監督の「八甲田山」などを製作した。晩年も創作意欲は衰えず、2010年には古代を舞台にした大河小説「天武の夢」を文芸誌で発表し、続編の執筆を続けていた。

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文565文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集