メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハーグ条約

母親上告断念、確定へ 名古屋高裁差し戻し審

 国境を越えた子の連れ去りを防止する「ハーグ条約」に基づく裁判所の返還命令に従わないのは違法として、米国在住の父親が帰国した母親に息子(13)の引き渡しを求めた人身保護請求の裁判で、父親の訴えを認めた差し戻し後の名古屋高裁判決(17日)について母親側は20日、上告しないと明らかにした。

 息子は判決言い渡し後、母親と立ち去っている。判決は確定するものの、母親の弁護士は「これ以上、裁判所による(強制的な)執行はない」としており、息子を巡る父母の対立は続きそうだ。

 争ったのは、米国で暮らしていた日本人夫婦。判決は息子が「日本に残りたい」と話しているとしつつ「母親…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文626文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボクシング 村田、進退明らかにせず 敗戦後、睡眠30分
  2. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  3. トランプ政権 トランスジェンダー排除を検討…米紙報道
  4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  5. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです