特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

夏の高校野球

熱中症対策で工夫  地方大会で高野連

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

大会日程や試合時間の変更など

 連日の猛暑を受け、第100回全国高校野球選手権記念大会の出場校を決める地方大会で、熱中症対策で大会日程や試合時間の変更などを行う高校野球連盟が相次いでいる。

 暑さが強まる時間帯での試合を避けようと、滋賀では21、22日に4試合ずつ行う予定だった3回戦を午前開始の2試合のみとし、21~24日の4日間に分散した。準決勝の試合開始時間も当初より1時間半早め、逆に決勝は午後0時半から午後3時に遅らせた。

 ただ、準々決勝は25日に4試合を行う。滋賀県高野連の大久保雅生理事長は「暑さ対策も大事だが、2日間に分けると準決勝に進出したチームの中で公平性を欠く」と理由を説明した。

この記事は有料記事です。

残り496文字(全文795文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る