メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

豪雨被害でたる募金 広島、本拠地で初試合

小さなたるを手に西日本豪雨の災害義援金を募る広島の緒方孝市監督(右端)ら=広島市のマツダスタジアムで2018年7月20日午後3時30分、田中将隆撮影

 プロ野球の広島東洋カープは20日、西日本豪雨の発生後初めて本拠地・マツダスタジアムで巨人との公式戦に臨んだ。試合前には緒方孝市監督(49)や巨人の高橋由伸監督(43)、両チームの選手らが募金用のたるを持って義援金を募った。

 豪雨により広島でも甚大な被害が出た影響で9~11日の阪神戦が中止となり、本…

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文369文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  2. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

  3. PL出身監督対決はセガサミーに軍配 18安打でNTT西降し4強入り 都市対抗

  4. 大阪で新たに262人の感染確認 6日ぶりに300人を下回る 新型コロナ

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです