メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・旅する・みつける

埼玉・長瀞 ラフティング 急流のスリルに大歓声 全身ずぶぬれ爽快感 /東京

 夏休みのレジャーと言えばアウトドアスポーツである。荒川上流に位置する埼玉県長瀞町は「ラフティング」が盛んだ。大型ゴムボートに乗り、乗客全員が力を合わせ急流を下る。スリルや爽快感を求めて、長瀞町に向かった。【岩嶋悟】

 「ラフト」は英語で「いかだ」の意味で、ラフティングは直訳すれば「いかだ下り」である。訪れた「グランデックス長瀞ベース」は2000年からラフティングツアーを開いている。「(荒川は)水量が比較的安定し、川の流れも激しい所と緩やかな所のめりはりがあります。四季によって多彩な景色も体感できます」。同ベース支店長の加藤康徳さん(34)が言う。

 さっそく、ラッシュガードとライフジャケットを装着しスタート地点に向かう。川に落ちたら、あおむけにな…

この記事は有料記事です。

残り1325文字(全文1651文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  2. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  3. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです