特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第100回全国高校野球

愛媛大会 新田、猛攻でコールド シードは済美のみ8強に /愛媛

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「被災地に元気を届けたい」と大きな決意を胸にバッターボックスに立つ松山商の久保田駿汰選手=松山市市坪西町の坊っちゃんスタジアムで、遠藤龍撮影
「被災地に元気を届けたい」と大きな決意を胸にバッターボックスに立つ松山商の久保田駿汰選手=松山市市坪西町の坊っちゃんスタジアムで、遠藤龍撮影

 高校野球選手権愛媛大会は第9日の21日、3回戦4試合があり、シード2校が敗退した。第2シードの聖カタリナ学園は今治西に終始リードを許し、そのまま逃げ切られた。第4シードの西条は松山商に逆転負け。済美は効果的に加点し、八幡浜を振り切った。第1シードの松山聖陵は初戦で姿を消しており、8強入りしたシード勢は済美のみとなった。新田は13安打の猛攻で土居にコールド勝ちした。【遠藤龍】

この記事は有料記事です。

残り776文字(全文965文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る