メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公文書クライシス

総務省研究会、議事録「ない」実は存在 高知・大川村「町村総会」官誘導隠す?

「町村議会のあり方に関する研究会」の議事録は「作成・取得していない」と記された総務省の不開示決定通知=2018年7月3日、日下部聡撮影

 議員のなり手不足に悩む高知県大川村が検討を始めた「町村総会」を巡り、毎日新聞が総務省の研究会の議事録を情報公開請求したところ、同省は「ない」と回答した。だが、実際には議事の記録を作っていたことが関係者から入手した文書で明らかになった。文書には、町村総会に消極的な同省幹部が議論に深く関与している状況が記されていた。省庁側の都合で、政策決定過程を記した文書が国民の目から遠ざけられている実態が浮かび上がった。

 この研究会は「町村議会のあり方に関する研究会」。小規模自治体の議会制度を検討するため、昨年7月~今…

この記事は有料記事です。

残り757文字(全文1011文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢男女死傷 埼玉・和光市のマンションで
  2. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  3. コンサート 沢田研二さん本人が取りやめ 集客少なく不満
  4. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
  5. ことば 地面師

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです