メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

広島・被爆者の遺骨捜し(その1) 遺族の元に戻したい

似島で被爆者の遺骨発掘調査を行う嘉陽礼文さん。後日、被爆者のものと判明した=広島市南区で2018年4月23日、山崎一輝撮影

 「これ、骨ですね」

 今年4月23日、広島港の沖合3キロに浮かぶ似島(にのしま)=広島市南区=で発掘調査をしていた広島大大学院生の嘉陽礼文(かようれぶん)さん(40)の手に、土の付いた白いかけらがあった。丁寧に土を払うと、骨の特徴である海綿質がはっきり確認できた。この島で14年ぶりに被爆者の遺骨が見つかった瞬間だった。

 1945年8月6日の原爆投下直後、島東部の陸軍第二検疫所は野戦病院となった。20日間で負傷者約1万…

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文757文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. 群馬・高崎 石灯籠の下敷きに、中学生死亡
  3. 世界の雑記帳 米女子生徒、祖父の遺灰入りクッキーをクラスメートに配る=警察
  4. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  5. 灯籠下敷き 中学生死亡 飛び降り時、手かけ石落下 /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです