メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

+2℃の世界・温暖化と生きる

CO2増加、コメの栄養素減少 6億人に影響 日米中研究チーム

CO2濃度上昇によるコメの栄養素の減少率

 大気中の二酸化炭素(CO2)濃度が上昇すると、コメに含まれる栄養素が減少するとの研究結果を、日米中の研究チームが米科学誌サイエンス・アドバンシズに発表した。今のペースでCO2濃度が上昇すると、今世紀末までに、たんぱく質は10%、ビタミンB群は12%以上減少し、アジアを中心に少なくとも約6億人の栄養摂取に影響する可能性があるという。

 国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告書によると、地球温暖化に伴って今世紀末から22…

この記事は有料記事です。

残り613文字(全文830文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです