メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
日本酒

SAKE人気、急上昇 輸出、8年連続最高

北京市の人気レストラン「羅勒家」でも日本酒は人気だ=中国北京市内で2018年6月7日、赤間清広撮影

 海外で日本酒人気が急上昇中だ。日本国内の出荷量は減少が続くものの、海外では愛好者が着実に増え、2017年の輸出量は10年前から倍増。輸出額でも8年連続で過去最高を更新している。一方、現地生産の拡大などグローバル化に伴う新たな課題も浮上している。【加藤明子、北京・赤間清広】

 北京市中心部にある「羅勒家」(バジル屋)は、油を控えたヘルシーな中国料理が売りの人気店。ドリンクリストにはワインや中国酒に交じって佐賀県の地酒「春の海」があった。同店を経営する房蔚・最高経営責任者(CEO)は「日本酒は魚料理や肉料理に特に合う。中国でも日本酒好きがすごく増えているからね」と、日本酒をメニューに加える理由を語る。

 和食ブームの中国では日本食レストランがこの2年で倍増し、日本酒が市民に身近になりつつある。最近は羅…

この記事は有料記事です。

残り1654文字(全文2006文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  3. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  4. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

  5. 無党派層からの支持、大野氏は6割 青島氏は3割 埼玉知事選出口調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです