メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦A級順位戦 三浦弘行九段-阿久津主税八段 第2局の1

意地

 前期、三浦は残留を果たした。将棋ソフト不正使用の冤罪(えんざい)をかけられた一件で「張出11位でA級の地位維持」という特別措置を受けた三浦だが、これについてどう思っているのか聞いた。

 「誤解も生じるので、なかなか言いづらいのですが、11位は正直厳しい条件だとは思いました。もっとも、その時点の成績が1勝3敗だったので仕方がない。それに自分にとって厳しい条件を受け入れたほうが気楽という意味もありました。他の人も三浦に有利ではスッキリしないでしょう。ただ特別措置で残留したと思われたくなかった。意地を見せたかった。しかし意地だけで勝とうと思って勝てるほど、この世界は甘くない。だからまずは将棋の内容を良くしたいと思っていた。具体的には年間勝率…

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文808文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 中央省庁 障害者雇用、水増しか 42年間 政府調査開始
  3. 宮内庁 永久保存の公文書1冊が所在不明
  4. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  5. 障害者雇用 2省、水増し認める 国交、総務 手帳ない職員も算入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです