メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦A級順位戦 三浦弘行九段-阿久津主税八段 第2局の1

 前期、三浦は残留を果たした。将棋ソフト不正使用の冤罪(えんざい)をかけられた一件で「張出11位でA級の地位維持」という特別措置を受けた三浦だが、これについてどう思っているのか聞いた。

 「誤解も生じるので、なかなか言いづらいのですが、11位は正直厳しい条件だとは思いました。もっとも、その時点の成績が1勝3敗だったので仕方がない。それに自分にとって厳しい条件を受け入れたほうが気楽という意味もありました。他の人も三浦に有利ではスッキリしないでしょう。ただ特別措置で残留したと思われたくなかった。意地を見せたかった。しかし意地だけで勝とうと思って勝てるほど、この世界は甘くない。だからまずは将棋の内容を良くしたいと思っていた。具体的には年間勝率がト…

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文808文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  4. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです