連載

もう一度食べたい

今は店頭から消え、しかし読者の皆さんが「もう一度食べたい」と願う懐かしの食材、食べ物をご紹介します。

連載一覧

もう一度食べたい

天然氷のかき氷 フワッと羽毛のような食感

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
天然氷をかいた「いちごのかき氷」。阿佐美さんによると「頭にキーンとくるかどうかは氷の温度次第。天然か人工かは関係ない」そうだ
天然氷をかいた「いちごのかき氷」。阿佐美さんによると「頭にキーンとくるかどうかは氷の温度次第。天然か人工かは関係ない」そうだ

 「そうか。これだったか」。夏の初め、東武電車のつり革につかまりながら合点がいった。目にした車内広告は観光地・日光(栃木県)でも人気の「天然氷のかき氷」。そのフレーズで2年前、横浜市鶴見区の川上和明さん(70)から寄せられた「懐かしのかき氷」を思い出したのだ。「学生時代、埼玉県秩父地方をドライブ中に食べたかき氷。羽毛のようにフワッと軽く、頭にキーンとこない。あの食感が今も忘れられない」

 「かき氷かあ。探し物としてはどうなんだろ?」。はがきを受け取ったとき、それが正直な感想だった。食材としてはありふれている気がしたのだ。だが、それが「天然氷」だったとすれば--。かつて毎日新聞秩父通信部にいたOB記者に聞くと「皆野町の阿左美冷蔵が昔ながらの天然氷を作っている。そこのかき氷は頭にキーンとこないということで有名だった」。川上さんが食べたのも、天然氷だったのかもしれない。

この記事は有料記事です。

残り1070文字(全文1456文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集