メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

内田麻理香・評 『どもる体』=伊藤亜紗・著

 (医学書院・2160円)

 成人の百人にひとりが持つという吃音(きつおん)。これだけ多くの人が抱えているのに、吃音は発症の原因がわからず、そもそも治るか治らないかの議論があるなど、難しい障害であるという。本書は、当事者の語りと分析を通じて、世の中であまり知られていない吃音を明らかにする。

 なぜ、タイトルが『どもる言葉』ではなく『どもる体』なのか。本書は吃音を体のコントロールを外れた現象としてとらえるためだ。著者は当事者たちが抱える苦労や不安を軽んじるつもりはないと述べつつ、「自分のものでありながら自分のものでない体」をたずさえて生きることは、誰にとっても切実な問いだという。確かに、当事者でない私にとっても、身につまされるように感じる本である。

 吃音には「たまご」と言おうとして「たたたたたたまご」と発してしまう「連発」、そして連発を避けようとして、最初の「た」の音が出なくなる「難発」という症状がある。しゃべるのが苦手、いわゆる「噛む」ことが多いという人は一定数いるだろう。しかし、吃音と「噛む」は異なる。難発は連発を避けるための対処法であると同時に、症状なのだ。噛む場合、対処しようとして新たな症状が生まれることはない。だから、「噛む」と吃…

この記事は有料記事です。

残り939文字(全文1464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. クックパッドニュース 一房買っても安心!覚えておくと便利な「バナナの保存法」

  3. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  4. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  5. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです