メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いただきます

シリア料理×さいたま 家族と祖国の塩味

イラスト・佐々木悟郎

 午後6時40分すぎ、スマホのアプリから日没を知らせるアラビア語の声が響いた。さいたま市の静かな住宅街にあるアパート。シリア出身のヨセフ・ジュディさん(34)は床に座り、一言だけ祈りの言葉を口ずさむ。2人の子供が弾むように集まり、1歳の次女を抱えた妻ファルハさんが床に並べた料理を取り分け始めた。

 日中は水も食べ物も口にしないイスラム教の断食月(ラマダン)は今年は5月16日に始まった。食事はイフタールと呼ばれる日没後の夕食と、日の出前の朝食の2回だけ。断食後の食事は格別だ。

 この日、ファルハさんが作ったのはシリアの代表的な家庭料理マクルーバ。ジャガイモや牛肉を塩などで味付…

この記事は有料記事です。

残り740文字(全文1028文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 再編を加速 札幌の1館閉鎖検討
  2. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  3. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  4. 大リーグ エンゼルス大谷がア・リーグ新人王
  5. 東京地裁 不審なはがきに注意呼びかけ 実在しない名で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです