メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JA鳥羽志摩

「鵜方紅茶」復活へ 研究会発足 三重

試作製造された「鵜方紅茶」を飲む前田長弘理事長(右)と竹内千尋市長=三重県志摩市役所で、林一茂撮影

 かつて国内産紅茶の品評会で1位に輝いた三重県志摩市産の「鵜方紅茶」復活に取り組むJA鳥羽志摩は20日、試作製造した今年産の鵜方紅茶の試飲会を市役所で開いた。紅茶用品種を栽培している農家はわずか2戸に減ってしまったが、JAは「紅茶栽培研究会」(仮称)を発足させて栽培農家を増やし、本格的な紅茶産業として育成を図りたい考えだ。【林一茂】

 茶葉は、同市阿児町鵜方の農業、谷川原久仁夫さん(69)が、約50アールの茶畑で栽培している紅茶用品種の「はつもみじ」を使用。6月中旬に紅茶生産に適した二番茶の新芽24キロを収穫し、JA阿児茶工場で茶葉5キロを製造した。久々に製造した昨年の鵜方紅茶に比べ、「一段と深みのある味わい」に仕上がったという。

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文721文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  2. 新型コロナ 大阪府、初の「赤信号」 重症病床切迫、外出自粛要請へ

  3. クローズアップ 「脱ガソリン」政府号令 30年代半ば、従来車禁止 「脱HV」の土俵乗らず

  4. 安倍前首相本人に任意聴取を要請 「桜を見る会」前夜祭 東京地検特捜部

  5. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです