JA鳥羽志摩

「鵜方紅茶」復活へ 研究会発足 三重

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
試作製造された「鵜方紅茶」を飲む前田長弘理事長(右)と竹内千尋市長=三重県志摩市役所で、林一茂撮影
試作製造された「鵜方紅茶」を飲む前田長弘理事長(右)と竹内千尋市長=三重県志摩市役所で、林一茂撮影

 かつて国内産紅茶の品評会で1位に輝いた三重県志摩市産の「鵜方紅茶」復活に取り組むJA鳥羽志摩は20日、試作製造した今年産の鵜方紅茶の試飲会を市役所で開いた。紅茶用品種を栽培している農家はわずか2戸に減ってしまったが、JAは「紅茶栽培研究会」(仮称)を発足させて栽培農家を増やし、本格的な紅茶産業として育成を図りたい考えだ。【林一茂】

 茶葉は、同市阿児町鵜方の農業、谷川原久仁夫さん(69)が、約50アールの茶畑で栽培している紅茶用品種の「はつもみじ」を使用。6月中旬に紅茶生産に適した二番茶の新芽24キロを収穫し、JA阿児茶工場で茶葉5キロを製造した。久々に製造した昨年の鵜方紅茶に比べ、「一段と深みのある味わい」に仕上がったという。

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文721文字)

あわせて読みたい

注目の特集