メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

御嶽海初優勝

木曽の星 御嶽山噴火で低迷する地元に光

初優勝を決めタイを手に喜ぶ御嶽海(手前左)。同右は出羽海親方=愛知県犬山市で2018年7月21日午後7時26分、大西岳彦撮影

 「木曽の星」が光り輝いた。21日の大相撲名古屋場所で、西関脇の御嶽海(みたけうみ)(25)=本名・大道久司=が長野県出身力士として現行の優勝制度で初めて場所を制した。御嶽海が生まれ育った木曽地方は2014年の御嶽山(おんたけさん)噴火後、観光業低迷に苦しんでおり、明るいニュースに地元は沸いた。

 出身地の上松(あげまつ)町は山深い木曽地方の人口約4500人の町。町から望む御嶽山がしこ名の由来だ。商店街の至る所に「郷土の星 めざせ横綱」「次のねらいは優勝杯」などのポスターやのぼり旗が掲げられている。

 御嶽山の噴火災害では死者・行方不明者63人を出し、木曽地方の観光客は激減した。今も噴火前の数字には…

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文764文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. 群馬・高崎 石灯籠の下敷きに、中学生死亡
  3. 世界の雑記帳 米女子生徒、祖父の遺灰入りクッキーをクラスメートに配る=警察
  4. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  5. 灯籠下敷き 中学生死亡 飛び降り時、手かけ石落下 /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです