メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東名あおり「危険運転」認める 懲役18年
御嶽海初優勝

木曽の星 御嶽山噴火で低迷する地元に光

初優勝を決めタイを手に喜ぶ御嶽海(手前左)。同右は出羽海親方=愛知県犬山市で2018年7月21日午後7時26分、大西岳彦撮影

 「木曽の星」が光り輝いた。21日の大相撲名古屋場所で、西関脇の御嶽海(みたけうみ)(25)=本名・大道久司=が長野県出身力士として現行の優勝制度で初めて場所を制した。御嶽海が生まれ育った木曽地方は2014年の御嶽山(おんたけさん)噴火後、観光業低迷に苦しんでおり、明るいニュースに地元は沸いた。

 出身地の上松(あげまつ)町は山深い木曽地方の人口約4500人の町。町から望む御嶽山がしこ名の由来だ。商店街の至る所に「郷土の星 めざせ横綱」「次のねらいは優勝杯」などのポスターやのぼり旗が掲げられている。

 御嶽山の噴火災害では死者・行方不明者63人を出し、木曽地方の観光客は激減した。今も噴火前の数字には…

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文764文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 注意され「カチンときた」 東名あおり事故、被告人質問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです