大相撲名古屋場所

御嶽海が初優勝 日本出身8場所ぶり

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【大相撲名古屋場所14日目】栃煌山(左)を寄り切りで降した御嶽海=ドルフィンズアリーナで2018年7月21日、兵藤公治撮影
【大相撲名古屋場所14日目】栃煌山(左)を寄り切りで降した御嶽海=ドルフィンズアリーナで2018年7月21日、兵藤公治撮影

 関脇・御嶽海が平幕の栃煌山を降して13勝1敗とし、千秋楽を待たずに初優勝を決めた。御嶽海は25歳で、平成生まれの優勝は2015年夏場所を関脇で制した照ノ富士以来2人目、日本出身力士としては初めて。

 長野県出身力士では、現行の優勝制度が確立した1909年夏場所以降、初の制覇になった。日本出身力士の優勝は昨年春場所の横綱・稀勢の里以来、8場所ぶり。

 アマチュア相撲の実績から15年春場所に幕下10枚目格付け出しでデビュー。所要21場所での初優勝は、年6場所制になった58年以降、出島と並び3番目の速さになった。付け出し資格が認められた力士の優勝は01年秋場所の琴光喜以来、6人目。出羽海部屋力士の優勝は80年初場所の三重ノ海以来で、50回目となった。

この記事は有料記事です。

残り117文字(全文442文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集