メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

御嶽海が初優勝 日本出身8場所ぶり

【大相撲名古屋場所14日目】栃煌山(左)を寄り切りで降した御嶽海=ドルフィンズアリーナで2018年7月21日、兵藤公治撮影

 関脇・御嶽海が平幕の栃煌山を降して13勝1敗とし、千秋楽を待たずに初優勝を決めた。御嶽海は25歳で、平成生まれの優勝は2015年夏場所を関脇で制した照ノ富士以来2人目、日本出身力士としては初めて。

 長野県出身力士では、現行の優勝制度が確立した1909年夏場所以降、初の制覇になった。日本出身力士の優勝は昨年春場所の横綱・稀勢の里以来、8場所ぶり。

 アマチュア相撲の実績から15年春場所に幕下10枚目格付け出しでデビュー。所要21場所での初優勝は、年6場所制になった58年以降、出島と並び3番目の速さになった。付け出し資格が認められた力士の優勝は01年秋場所の琴光喜以来、6人目。出羽海部屋力士の優勝は80年初場所の三重ノ海以来で、50回目となった。

幕内 御嶽海(みたけうみ、西関脇)

 本名・大道久司。長野県上松町出身。出羽海部屋。25歳。東洋大4年の2014年、学生横綱とアマチュア横綱のタイトルを獲得し、15年春場所に幕下10枚目格付け出しで初土俵。180センチ、167キロ。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  3. 日大チア 監督「退部許さぬ」 女子部員「自殺考えた」
  4. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  5. 夏の高校野球 準決勝見どころ 実力十分の大阪桐蔭と済美

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです