メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デーリー通信

(20)専用競技場に奨学金 急成長のeスポーツ

「ハースストーン」の「HCT夏季選手権」で、eスポーツの対戦(右奥)を観戦する人々。大型画面にゲームの模様が映され、舞台左では解説者が実況している=米ロサンゼルス近郊バーバンクで2018年7月1日、長野宏美撮影

 「ゲームばかりしないで勉強しなさい」という言葉は死語になるだろうか?

 世界で今、eスポーツが急成長している。「eスポーツ」とは「エレクトリック・スポーツ」のことだ。コンピューターゲームをスポーツとして捉え、その腕を争う対戦型競技だ。今年のジャカルタ・アジア大会(8月18日開幕)で公開競技に初めて選ばれ、2022年の中国・杭州大会では正式種目になる。24年のパリ五輪で採用を検討する動きもあり、新たなスポーツとして注目されている。米国では専用競技場が次々に建設され、全米eスポーツ連盟によると、奨学金を出す大学は60校を超える。

この記事は有料記事です。

残り4265文字(全文4530文字)

長野宏美

2003年入社。水戸支局、社会部、外信部を経て2015年4月から現職。社会部時代は警察庁や裁判員裁判などを担当。2008年の北京五輪を現地で取材した。元プロテニスプレーヤーで、1995年全日本選手権シングルス3位、ダブルス準優勝。ウィンブルドンなど4大大会にも出場した。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
  3. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  4. JOC橋本聖子副会長が池江璃花子選手に言及「神様が体使って、伝えてきた」
  5. プロ野球 中日・松坂、開幕は絶望的

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです