メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デーリー通信

(20)専用競技場に奨学金 急成長のeスポーツ

「ハースストーン」の「HCT夏季選手権」で、eスポーツの対戦(右奥)を観戦する人々。大型画面にゲームの模様が映され、舞台左では解説者が実況している=米ロサンゼルス近郊バーバンクで2018年7月1日、長野宏美撮影

 「ゲームばかりしないで勉強しなさい」という言葉は死語になるだろうか?

 世界で今、eスポーツが急成長している。「eスポーツ」とは「エレクトリック・スポーツ」のことだ。コンピューターゲームをスポーツとして捉え、その腕を争う対戦型競技だ。今年のジャカルタ・アジア大会(8月18日開幕)で公開競技に初めて選ばれ、2022年の中国・杭州大会では正式種目になる。24年のパリ五輪で採用を検討する動きもあり、新たなスポーツとして注目されている。米国では専用競技場が次々に建設され、全米eスポーツ連盟によると、奨学金を出す大学は60校を超える。

 コンピューターサイエンスで有名なカリフォルニア大学アーバイン校は16年、公立校として初めてeスポーツ奨励プログラムを始め、優秀な学生に奨学金を出している。昨年度は男子学生14人が年間1000~6000ドル(11万~66万円)の奨学金を得ており、新年度は受給者を22人に増やす予定だという(大学サイトで詳細を見ることができる)。

 16年9月に開設されたeスポーツ専用アリーナ(325平方メートル)には、ゲーム用の高性能パソコン約70台が並ぶ。訪れた日は夏休みだったため、奨学金を受けて大学対抗戦に出場するチームの学生はいなかったが、一般学生にも開放されている。1日6~7時間プレーする人も珍しくないため、長時間座っても腰痛にならないよう硬めのイスが用意されている。

この記事は有料記事です。

残り3933文字(全文4530文字)

長野宏美

2003年入社。水戸支局、社会部、外信部を経て2015年4月から現職。社会部時代は警察庁や裁判員裁判などを担当。2008年の北京五輪を現地で取材した。元プロテニスプレーヤーで、1995年全日本選手権シングルス3位、ダブルス準優勝。ウィンブルドンなど4大大会にも出場した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. ボーガン?4人撃たれ2人死亡 親族の23歳を殺人未遂容疑逮捕 兵庫・宝塚

  3. 岐阜、長野、茨城……相次ぐ地震の原因は、南海トラフとの関連は 気象庁に聞いた

  4. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  5. 兵庫ボーガン事件 同級生「容疑者は明るく優しい子」 矢が刺さった女性に現場騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです