メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

電車内化粧、論争再燃 時間がない/仕事忙しい/テスト近い… 「盛り鉄女子」そのココロは

イラスト・深澤かんな

 「都会の女はみんなキレイだ。でも時々、みっともないんだ」。電車内での化粧を控えるように呼び掛ける東急電鉄の啓発広告が物議を醸したのは約2年前のこと。そして今、論争が再燃している。きっかけは「盛り鉄女子」という造語だ。彼女たちはなぜ公の場でお化粧をするのか?【鈴木美穂】

 若者言葉で「盛る」とは、「派手めの化粧」を意味する。車内で化粧をしている女性を「盛り鉄女子」と命名したのは、コラムニストで鉄道ファンの東(あずま)香名子さん(34)。「乗り鉄」の語感を生かした効果もあったのか、インターネット上で広まっている。きっかけは、東さんが東洋経済オンラインに執筆したコラムで、タイトルは「電車内で化粧する女性は許せる? 許せない?」。コラムが3日に配信されると、たちまちネットニュースの上位に躍り出た。「車内化粧が長年、なくならないことに業を煮やしたのが執筆の動機でした」

 実情はどうなのか? 記者は今月上旬、電車内で「盛り鉄女子」を探しては、話し掛けてみた。

この記事は有料記事です。

残り2389文字(全文2817文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  2. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  3. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  4. 陸上イージス 防衛省、標高も誤り グーグル使いズレ
  5. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです