メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきの歴史

世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争

大山古墳(中央奥)などから構成される百舌鳥古墳群=堺市堺区で昨年7月、本社ヘリから三浦博之撮影

 世界文化遺産に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が登録された。次は、来夏に登録の可否が決まる「百舌鳥(も  ず)・古市(ふるいち)古墳群」(大阪・堺市、羽曳野市、藤井寺市)が関心を集めそうだ。ただ、少々悩ましい問題を抱えているのだ。

 古墳群のシンボル、「大山(だいせん)古墳」に悩ましさが集約されている。

 「大山古墳?」と首をひねる人も、仁徳天皇陵のことだと聞けばうなずけると思う。墳丘長486メートル(最近、525メートルに上方修正)。最大の古墳として歴史教科書に出てくる前方後円墳である。

この記事は有料記事です。

残り1405文字(全文1656文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. 首相また会見18分、質問二つで終了 追加受けず 帰省「一律自粛求めず」

  3. 首相会見に識者「政府の責任から逃げている」「質疑は『おまけ』という姿勢」

  4. クックパッドニュース 目からウロコ!ガス代が節約できる「パスタ」の茹で方

  5. 沖縄県、新たに159人感染 過去最多を更新 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです