メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルポ

芥川賞・直木賞 人間の暗部、描写 選考過程を振り返る

直木賞に決まった島本理生さん(左)と芥川賞の高橋弘希さん=藤井達也撮影

 第159回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が18日、開かれた。芥川賞は高橋弘希さん(38)の「送り火」(『文学界』5月号)、直木賞は島本理生さん(35)の『ファーストラヴ』(文芸春秋)という、それぞれに人間の暗部を探った作品が選ばれた。選考過程を振り返る。

 芥川賞は選考委員の島田雅彦さんが記者会見。最初の投票で高橋作品が過半数の支持を得て、次点が町屋良平さんの「しき」(『文芸』夏号)だった。

 高橋作品は地方に転居した中学生を主人公に、少年同士の閉塞(へいそく)した人間関係を描きながら、陰惨な暴力場面に至る。風景など細部描写も充実。島田さんによると「予定調和に進まない意外性がある」「言葉で別世界を構築していて、フィクションの醍醐味(だいごみ)がある」など高い評価が相次ぎ、受賞が決まった。

この記事は有料記事です。

残り1421文字(全文1774文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声をつないで 「いかに異常か気づいてほしい」中満泉・国連事務次長が海外から見た日本の現状

  2. 三菱UFJ銀行で新型コロナ感染 愛知・江南支店行員、直近の渡航歴なし

  3. 「1日に5000件処理」韓国が新型コロナを大量検査できる理由とは?

  4. 行政ファイル 横浜・炊飯器からネズミ見つかり給食の米飯提供中止 /神奈川

  5. 関学大の裏方たち 「兄の分まで日本一に」勝負へのこだわり 部で初の女性主務~第74回毎日甲子園ボウルに向けて(上)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです