メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルポ

芥川賞・直木賞 人間の暗部、描写 選考過程を振り返る

直木賞に決まった島本理生さん(左)と芥川賞の高橋弘希さん=藤井達也撮影

 第159回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が18日、開かれた。芥川賞は高橋弘希さん(38)の「送り火」(『文学界』5月号)、直木賞は島本理生さん(35)の『ファーストラヴ』(文芸春秋)という、それぞれに人間の暗部を探った作品が選ばれた。選考過程を振り返る。

高橋さん 意外性に高い評価

 芥川賞は選考委員の島田雅彦さんが記者会見。最初の投票で高橋作品が過半数の支持を得て、次点が町屋良平さんの「しき」(『文芸』夏号)だった。

 高橋作品は地方に転居した中学生を主人公に、少年同士の閉塞(へいそく)した人間関係を描きながら、陰惨…

この記事は有料記事です。

残り1508文字(全文1774文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. 群馬・高崎 石灯籠の下敷きに、中学生死亡
  3. 世界の雑記帳 米女子生徒、祖父の遺灰入りクッキーをクラスメートに配る=警察
  4. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  5. 灯籠下敷き 中学生死亡 飛び降り時、手かけ石落下 /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです