メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルポ

芥川賞・直木賞 人間の暗部、描写 選考過程を振り返る

直木賞に決まった島本理生さん(左)と芥川賞の高橋弘希さん=藤井達也撮影

 第159回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が18日、開かれた。芥川賞は高橋弘希さん(38)の「送り火」(『文学界』5月号)、直木賞は島本理生さん(35)の『ファーストラヴ』(文芸春秋)という、それぞれに人間の暗部を探った作品が選ばれた。選考過程を振り返る。

高橋さん 意外性に高い評価

 芥川賞は選考委員の島田雅彦さんが記者会見。最初の投票で高橋作品が過半数の支持を得て、次点が町屋良平さんの「しき」(『文芸』夏号)だった。

 高橋作品は地方に転居した中学生を主人公に、少年同士の閉塞(へいそく)した人間関係を描きながら、陰惨な暴力場面に至る。風景など細部描写も充実。島田さんによると「予定調和に進まない意外性がある」「言葉で別世界を構築していて、フィクションの醍醐味(だいごみ)がある」など高い評価が相次ぎ、受賞が決まった。

この記事は有料記事です。

残り1408文字(全文1774文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 拙攻に走塁ミス…パナソニック監督「野球の怖さ出た」 四国銀行に敗れ 都市対抗

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです