歌舞伎

七月大歌舞伎 南北素材の2場に魅力=評・小玉祥子

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 昼夜とも通し上演。昼が「三國無雙瓢箪久(さんごくむそうひさごのめでたや) 出世太閤記」(織田紘二、石川耕士、川崎哲男、藤間勘十郎補綴(ほてつ)・演出)。太閤記物の再構成で、光秀の謀反から秀吉が天下を掌握するまでを描く。海老蔵が羽柴秀吉、獅童が光秀と左馬之助の2役。

 南北作品から素材を得た2場が楽しい。「備中高松城外、秀吉陣中」では、秀吉が生き別れた妻の八重(児太郎)と再会し、猿まわしに化けた光秀の臣、左馬之助から光秀の謀反を聞く。八重になじられ、秀吉がたじたじとなるのが愉快で、獅童がひとくせありげな様子を見せ、児太郎が喜びと怒りにめりはりをつけた。

 光秀の妻皐月(雀右衛門)をかくまう嘉兵衛(右團次)の家に八重や秀吉が訪れるのが「松下嘉兵衛住家」。秀吉は若き日に嘉兵衛に奉公し、娘の八重となれそめた。

この記事は有料記事です。

残り453文字(全文807文字)

あわせて読みたい

注目の特集