メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

狛江市長選 松原氏が初当選 「即戦力」アピール /東京

 セクハラ問題による前市長の辞職に伴う狛江市長選は22日、投開票された。無所属の新人2人による一騎打ちとなった選挙戦は、元副市長の結婚相談会社社長、松原俊雄氏(66)=自民、公明推薦=が初当選した。元市議の田中智子氏(60)=共産、自由、社民、狛江・生活者ネットワーク推薦=は敗れた。投票率は45・31%(前回47・01%)だった。当日有権者数は6万8526人(男3万2908人、女3万5618人)。

 市長選は、複数の女性職員へのセクハラ行為が暴かれ、高橋都彦前市長が辞職に追い込まれたことに伴って実…

この記事は有料記事です。

残り672文字(全文922文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 絶滅危惧種 シダ植物自生地ほぼ壊滅 公益財団法人が伐採
  2. 欧州ニュースアラカルト サマータイム EUは廃止の是非を検討
  3. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  4. ジャカルタ・アジア大会 お粗末、抽選入れ忘れ サッカー開始前倒し
  5. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです