メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワークショップ

「はなげばあちゃん」の世界体験 絵本作家が開く 面作りや読み聞かせ 28日 /三重

岡森書店白鳳店に並ぶ「ふつうやない!はなげばあちゃん」=三重県伊賀市で、大西康裕撮影

 びよーんと伸びた鼻毛で奇想天外ないたずらをするおばあちゃんが主人公のナンセンス童話「ふつうやない!はなげばあちゃん」(福音館書店)を刊行した絵本作家の山田真奈未さんが28日、名張市のブックスアルデ名張本店と伊賀市の岡森書店白鳳店でワークショップを開く。長い鼻毛の面を作り、ばあちゃんが生きる世界の面白さを体験してもらう。

 山田さんは1965年、大阪生まれ。2008年イタリアのボローニャ国際絵本原画展に「はなげばあちゃん」を出品し、入選。09年には、はなげばあちゃんの絵本を出したが、出版社が倒産。今回、絵も文章も増やして福音館書店から刊行、ばあちゃんが復活した。

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文545文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 安倍政権が残したもの 自制失った政治家、露骨に表現に介入 「菅政権では改善しない」津田大介さん

  4. ORICON NEWS 欅坂46“ラストライブ”は無観客配信で 2日間別メニュー“静”と“動”の両面を存分に

  5. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです