マサイキリン

小春死ぬ 体内の子も助からず 熊本市動植物園 /熊本

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 熊本市動植物園は22日、マサイキリンの小春(11歳、雌)が死んだと発表した。昨年10月に9歳で死んだ雄のリキとの間にできた子供を妊娠しており、園は帝王切開して子供を取り出したが助からなかった。8~9月の出産が見込まれていただけに園の飼育員らは落胆している。

 園によると、20日朝からふらついて体調が悪そうだったため安静にさせていた。21日午前10時35分ごろ寝室で倒れているのが見つかり、獣医師が治療したが間もなく死んだことが確認された。…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文551文字)

あわせて読みたい

注目の特集