メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

政府の児童虐待緊急対策 立ち入り強化、現場苦悩 「通告さまざま」「手が回らない」

香川県の児童相談所が作成した引き継ぎ書の写し=岩崎邦宏撮影

 政府が20日に打ち出した児童虐待防止の緊急総合対策は、東京都目黒区で船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5歳)が虐待死した事件を踏まえ、児童相談所(児相)の対応の「穴」をふさぐ形でまとめた。支援する家庭が転居した場合、緊急性の高いケースは対面で引き継ぐことなどが柱だ。ただ、虐待事案は数が多いうえに中身も多様だ。現場がどこまで対応できるか不安も残る。【横田愛、山口桂子、春増翔太、藤沢美由紀】

 結愛ちゃんの母親らが保護責任者遺棄致死容疑で逮捕(後に起訴)されて間もない6月中旬。香川県の児相「…

この記事は有料記事です。

残り2272文字(全文2515文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 避難所が被災 孤立の住民ようやく救出 福島郡山 新たな雨に不安深く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです