メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者ノート

いじめ調査 市教委の罪

 2016年10月に神戸市立中学3年の女子生徒が市内の川で自殺した。丘陵地にある住宅街を隔てるその川辺から見上げた空は周囲の建物に挟まれ、狭かった。彼女が死を決意し、どんな思いでこの場に立ったかを考えると胸が詰まった。

 女子生徒の自殺を巡って今年4月、学校が同級生6人から聞き取ったいじめの内容を記録したメモを、市教委が内部で隠蔽(いんぺい)していたことが発覚した。「事務処理が煩雑になる」。担当の市教委職員はそんな理由で…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文528文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「3人殺すと死刑なので2人までに」 新幹線殺傷、公判で被告

  3. 犠牲者最後の言葉は「待て、話を聞け」 新幹線殺傷の被告

  4. 中村さん事件で生存者 後続車運転の男性「突然の銃声、20秒の犯行」

  5. 診療所の倉庫に複数のクマ「ライト当てると目が動いた」 新潟・南魚沼

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです